医療法人有友会

訪問歯科診療|福岡の歯医者・歯科| 医療法人 有友会

訪問歯科診療
  • HOME
  • 訪問歯科診療

歯科医院へ通院が困難な方のためにご自宅・施設・病院に私たちが伺います。

訪問歯科診療

介護を受けていらっしゃる方や歯科医院に通院が困難な方のために歯科医師・歯科衛生士など専門のスタッフがご自宅や施設、入院先の病院などに治療器具・機材をお持ちし、ベットサイドで治療を受けることができる訪問歯科治療です。
現代、口の中の細菌が肺に入って起こる誤嚥性肺炎が要介護高齢者の直接的死亡原因の高い割合を占めています。口腔ケアを実施した人としなかった人を比べると、発生率を減少させる作用があると言われており、誤嚥性肺炎の予防に口腔ケアがとても有効です。当法人の訪問診療部では、口腔ケア・摂食嚥下リハビリテーションに力を入れています。

訪問歯科診療の内容

・虫歯や歯周病の治療
・入れ歯の調整、修理、作成
・抜歯等の外科処置
・摂食嚥下リハビリテーション
・口腔ケア
ポータブルの診療器具やレントゲン撮影装置を使用するので、基本的に院内と同等の治療が可能です。

訪問診療の対象エリア

中村司・比路江歯科医院、新宮歯科医院を中心とした16km圏内が訪問可能エリアです。詳しくはお問合せ下さい。

訪問歯科診療における費用について

医療保険・介護保険の範囲で行います。
※ご不安な方は、訪問スタッフにお気軽にご相談ください

摂食嚥下リハビリテーションについて

誤嚥性肺炎、不顕性肺炎になりやすい方のサイン

□ うまく飲み込めない
□ 口から唾液や食べ物がこぼれる
□ 食べられる食品の種類が限られる
□ 食事、口の中に食べ物が残る
□ 痰が多い
□ 原因不明の発熱
□ 食事に時間がかかる
□ 食事量の減少、体重減少
摂食嚥下リハビリテーションは以下の流れで行います。

・摂食機能、嚥下機能の評価
・訓練計画の作成
・摂食機能療法(間接訓練・直接訓練)
・再評価

ケアマネージャー、理学療法士等の機能訓練員、看護師やかかりつけの先生などの多職種と連携して行っています。

誤嚥性肺炎ゼロプロジェクト

医療法人有友会訪問診療部では、株式会社クロスケアデンタルと共同で、『誤嚥性肺炎ゼロプロジェクト』に取り組んでおり、誤嚥性肺炎の予防に努めています。
『誤嚥性肺炎ゼロプロジェクト』とは、介護現場に口腔ケアを届け、誤嚥性肺炎をゼロにすることを目的としたプロジェクトです。実際に、介護職員の口腔ケアのやり方をみて、直接アドバイスを行っております。このプロジェクトに取り組むことにより、患者さまにとって、そして施設にとって、下記のことが期待できます。
・肺炎で苦しむ患者さまが減る
・患者さまのQOL(生活の質)の向上に寄与
・肺炎の減少により入居者さまの入院日数も減少
・口腔ケアを通し、より一層施設のスタッフが仕事にやりがいをもてる

株式会社クロスケアデンタル
代表 瀧内 博也 歯科医師(歯学博士)

経歴

2009年 九州大学歯学部 卒業
2015年 福岡歯科大学高齢者歯科 助教
2017年 誤嚥性肺炎ゼロプロジェクト発足
2018年 株式会社クロスケアデンタル 創業
     一般財団法人国際介護協会 技術顧問 就任
2019年 九州大学大学院歯学研究院
     口腔医療連携学分野 共同研究員 着任
     現在に至る

株式会社クロスケアデンタルについて詳細はこちら