医療法人有友会

診療案内|福岡の歯医者・歯科| 医療法人 有友会

診療案内

虫歯治療

冷たい物や甘い物を口にしたときに、歯に痛みが起こる場合は、虫歯の可能性があります。虫歯は細菌(ミュータンス菌)が酸を出すことで起こります。初期の状態以外は治療が必要になりますので、進行させないためにも痛みを感じたら早めに歯科を受診しましょう。

もっと見る

虫歯は、糖分を長い時間かけて摂取したり、お口の中が乾燥したりしていると発生しやすくなります。一度歯が虫歯になると、治療や予防によって進行を止めない限り、悪化の一途をたどります。

虫歯の治療方法としては、酸で溶けた部分を削り、かぶせ物などをすることが基本となります。虫歯が神経に達している場合は、神経を除去し、消毒をする「根管治療」が必要となります。根管治療は一回の通院では終わらず、数回かかるものです。また、根管治療をした歯は栄養源を失い、次第にもろくなります。そのため、歯の神経が虫歯になる前に、虫歯を治療することが歯をより長く保つためにも重要です。

小児歯科

お子さまの歯は虫歯になりやすい状態にあると言えます。その理由は、乳歯はエナメル質が薄く、生え替わったばかりの永久歯は歯質が未熟なためです。そのため、子どものときは特に念入りに虫歯予防が必要となります。

もっと見る

お子さまの虫歯予防のために、当院ではフッ素塗布を行っています。フッ素塗布は、フッ化物を歯に塗るだけの予防処置です。フッ素には歯質を強化し、溶けた歯の成分を修復する作用があるため、フッ素塗布を定期的に受けることで、より虫歯に強くなります。

当院では、怖がるお子さまを無理に押さえつけて治療をするような診療方針は採っていません。虫歯になる前に予防し、虫歯になってしまったら押さえつけたりせずに、治療ができるようになるまで待つという姿勢で診療をしています。お子さまが歯科医院を嫌がることでお困りの親御さまはぜひ一度、当院へお子さまをお連れください。

歯周病治療

お口の中の汚れを放置していると、細菌が繁殖し、歯ぐきが炎症を起こします。この歯肉炎を放置すると、やがて歯周組織が溶かされる歯周炎を引き起こします。この一連の病状を歯周病と言います。歯周病は自覚症状を伴わないため、早期発見が重要です。

もっと見る

歯周病は重度になるまで痛みを伴わないため、歯ぐきの異変に早めに気づくことが大事です。その異変とは、歯ぐきの腫れ、歯磨き時の出血、歯ぐきが下がること、歯ぐきから膿みが出ること、噛むと歯が痛い症状などが挙げられます。一度下がった歯ぐきは、特殊な外科治療を行わないと、修復することはできません。そのため、進行をできるだけ早く食い止め、再発しないように予防を行いましょう。

歯肉に異変を感じたら、まずは当院へお越しください。歯周病検査を行い、歯周病がある場合は歯石除去などの基本治療から進めていきます。

親知らず抜歯

親知らずは最後に生えてくる永久歯です。第三大臼歯ともいい、前から8番目に生えます。垂直に生えてケアも行き届いている場合は、抜歯の必要はありませんが、虫歯・歯周病になっていたり、歯並び悪化の原因となったりしている親知らずは抜歯をおすすめします。

もっと見る

親知らずの抜歯が必要となった場合、基本的に初診日は検査のみを行い、抜歯を行う日は別日でご予約いただきます。ご予約日に抜歯を行い、その翌日に傷口の消毒をします。また、傷口を縫合している場合は抜糸が必要になります。

親知らずの虫歯・歯周病は、不十分なケアが原因となっていることが多くあります。その場合、親知らずの手前の奥歯も同様に、虫歯や歯周病になっていることがあります。そのため、親知らずが生えていて、状態が気になるという方は、一度歯科検診を受診するようにしましょう。

顎関節症

食べ物を食べる際に、顎の関節が「シャリシャリ」と音を立てたり、カクンと引っかかる感覚が生じたりする場合は、顎関節症の可能性があります。顎関節症は顎関節への負担が原因で口の開閉がしづらくなる症状です。

もっと見る

顎関節症の治療には、スプリント療法や運動療法、薬物療法などがあります。

スプリント療法は、マウスピースをはめて噛み合わせの高さを調節したり、関節への負担を軽減したりする方法です。

運動療法は、顎関節を動かし、関節円板の位置を元に戻そうとする治療方法です。関節円板とは、顎関節の窪みの間にある軟らかい組織のことです。口が開かない場合は、この関節円板が引っかかっていることが多くなっています。

薬物療法とは、鎮痛消炎剤や筋弛緩剤などを服用し、炎症を緩和させる方法です。

これらの治療法の中から、顎関節の症状に合わせて、治療方法をご提案いたします。

美容診療

歯の治療には、保険適用の治療方法以外にも、より見た目に配慮した自由診療の治療方法があります。例えば、当院では見た目が自然なセラミックのかぶせ物や、歯に付いた汚れを落とすクリーニングを受けていただくことが可能です。

もっと見る

当院では、お口の見た目のケアとして、クリーニングとPMTC、エアーフロー、セラミックのかぶせ物治療を行っています。

クリーニングでは、研磨ペーストを使って、歯の表面に付着した歯垢や着色汚れを除去します。汚れの程度が比較的軽い場合に行う方法です。

PMTCとはprofessional mechanical tooth cleaning(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)の略で、「歯科医師・歯科衛生士による、機械を用いた歯のクリーニング」を意味します。30分ほどかけて、磨き残しやすい奥歯の裏側や歯と歯の間の歯垢などを除去します。

エアーフローはパウダーと水を噴射し、歯に付いた歯垢やヤニを除去する歯面清掃用の装置です。これを使って、歯の汚れを落とします。

セラミックのかぶせ物治療は、見た目の自然なセラミックを使用したかぶせ物を製作し、装着する方法です。当院では、全てがセラミックでできたオールセラミックと、セラミックとレジンを混ぜ合わせたハイブリッドセラミックを取り扱っています。

歯の見た目が気になる方は、一度ご相談ください。当院でご提供可能な治療や処置について、ご案内させていただきます。

インプラント

虫歯や歯周病、ケガなどで抜歯をすることになったら、次に必要な治療は、歯を補う治療です。入れ歯やブリッジといった手段もありますが、より自然な見た目で治療をしたい方には、インプラント治療がおすすめです。

もっと見る

インプラント治療とは、人工歯根を顎の骨に埋め込んで歯を補う治療方法です。部分入れ歯やブリッジのように他の歯に負担をかけることなく、治療ができるというメリットがあります。

インプラント治療は顎の骨に人工骨を埋め込むという特性上、痛みを気にされる方もいらっしゃいます。しかし、手術中は麻酔を施すため、痛みはほとんどないでしょう。術後は数日間腫れがあるほか、しびれや鈍痛が残ることがあります。これらは多くの場合、手術による生体反応ですので、ご心配は要りません。

インプラント治療は、全身疾患がなく、骨の厚みや高さがある方であれば、施術が可能です。治療が可能かどうかしっかりと検査いたしますので、インプラント治療に関心がある方はお気軽にご相談ください。

矯正歯科

歯並びがガタガタになっていたり、噛み合わせが悪かったりする場合は、矯正治療によって歯並びを整えます。矯正治療を行うことで、見た目が改善されるほか、虫歯や歯周病リスクが減るなどのメリットが得られます。

もっと見る

矯正治療はお子さまから大人の方まで受けることができます。

お子さまの場合は、10歳までに始めることをおすすめします。その理由は、顎の成長期前に始めることで、より負担の少ない治療がしやすくなるためです。大人の場合でも、歯周病などで骨が溶けていない限りは、歯に力を与えれば動かすことができます。

矯正治療は大人の場合で3、4年、子どもの場合はもっと長い期間かかることもあります。ゆっくりと歯を動かしていき、最後は保定により後戻りを防ぐのが矯正治療です。長期間の治療となるため、始めるのに躊躇してしまう方もいるでしょう。矯正をしたいけれど、一歩を踏み出せないという方は、相談だけにでもお越しください。

ホワイトニング

写真などに映ったご自分の歯の色が気になったことがある方はいませんか?着色汚れは、普段から鏡を見て歯を磨くなど、しっかりと確認をしていないと気づかないこともあります。しつこい着色汚れは歯磨きでは落ちにくいため、ホワイトニングがおすすめです。

もっと見る

ホワイトニングとは、薬剤を歯に塗布し、化学反応によって歯を白くする方法です。当院では、院内で行うオフィスホワイトニングと、ご自宅で行っていただくホームホワイトニングの2種類を取り扱っています。どちらか一つの方法を受けるのも良いですが、当院では特にオフィスホワイトニング後にホームホワイトニングを受けることをおすすめしています。2つの方法を用いることで、より歯の明るさが長持ちしやすくなるためです。

白く美しい歯は、あなたの笑顔をより魅力的にしてくれます。歯の色にコンプレックスを抱えている方、就職活動や結婚式などのイベントを控えて印象を良くしたいとお考えの方は、ぜひお試しください。

エイジングケア

年齢を重ねてもおいしく食べ、話したり笑ったりすることを楽しむためには、健康な歯ときれいなお口元が大切です。噛んで食べられないことは栄養の消化・吸収を妨げ、話したり笑ったりしづらいことはストレスとなり、ひいては老化による衰えを早めてしまうことでしょう。

もっと見る

衰えを予防して、いきいきと年齢を重ねるため、ぜひ歯やお口全体の健康作りに取り組んでください。エイジングケアというと40歳以降の方がするものと思われるかもしれませんが、当院では0歳から健康的なお口の状態を維持していくことがエイジングケアのコツだと考えています。

具体的には、虫歯や歯周病の治療をしてよく噛める状態にすることもエイジングケアの一つです。特に歯周病は、糖尿病と相互に影響することが指摘されています。歯を失った場合は、ほかの歯に負担をかけないインプラントで補い、多くの歯を残すようにするのがおすすめです。

また、エイジングケアには見た目の若々しさや美しさも欠かせません。ホワイトニングで歯を白くしたり、銀歯を白いセラミックの歯に変えたりしてはいかがでしょうか。中でもかつて銀歯として使われていたアマルガムには水銀という重金属が含まれていますので、除去することをおすすめします。

歯科医療を通し、皆さまの健康的な毎日に貢献できたら幸いです。

訪問歯科診療

介護を受けている方や歯科医院への通院が困難な方でも、歯科医療を受けられる手段があります。それが訪問歯科診療です。当院では、半径16km圏内にある居宅や施設にお伺いし、歯の治療を行っています。

もっと見る

訪問歯科診療では、訪問用の診療ユニットやレントゲン撮影装置を持参するため、幅広い治療が可能です。訪問歯科診療で対応している治療は虫歯や歯周病の治療、入れ歯の調整・修理・作製、抜歯等の外科処置、摂食嚥下リハビリテーション、口腔ケアです。

摂食嚥下リハビリテーションとは、飲食物が正しく飲み込めるように行うリハビリテーションです。高齢による筋肉の衰えが進むと、誤嚥性肺炎にもつながるため、リハビリを行ってこれを予防します。

口腔ケアはお口の細菌環境を整えるために行います。歯磨きやうがい、お口の中をガーゼなどで拭くなどのケアが基本的な内容です。

ご自宅や施設に、歯科治療が必要な方がいるという方は、まずはお気軽に当院にお問い合わせください。
詳しくはこちら

歯を失った箇所への治療方法

種類 メリット デメリット
インプラント ・他の歯に負担をかけないため、歯の寿命が減らない
・違和感が少ない
・自由診療である
・治療期間が長い(約4~7ヶ月)
歯の失った箇所に人工の歯根を骨に埋めて被せ物を作る
ブリッジ ・保険診療
・違和感が少ない
・治療期間、回数が少ない
・両脇の歯を削らないといけない
・負担する歯の寿命が短くなる
両脇の歯を土台に人工の歯を橋のようにかける
義歯 ・保険診療
・ブリッジと比べると両脇の歯を削る量が少ない
・多少ではあるが、歯を削る
・取り外し式のため、煩わしさがある
・違和感がある
両脇の歯にバネを引っ掛け、失った箇所を補う